Skip to main content

Transplanting Rice

毎度同じ位置からの写真ですが…。
ここから撮るのが癖になっているのかもしれません。

最初の圃場、田植えが完了しました。
天候もだんだん黒い雲が漂うようになって雨季の足音が近づいてきています。

今季のこの圃場の試験はミネラルです。

私が一番最初に稲作を始めたのは無農薬無化学肥料生産でした。
めちゃくちゃ大変でした。除草が…。

逆に言うと、ただ生産するだけなら除草を頑張ればなんとかなるということです。
それでは持続可能ではありませんが。私が。損しちゃうので。

その時生産したおコメが一番感動が大きかった気がします。

それからその品種がおいしいと思ってずっとやってきました。
柔らかくてパサパサでない普通のフィリピン米よりおいしいフィリピン米ということで食べていただいています。

最近、最初に食べた時の感動が小さくなってきているような気がしています。
慣れてきたのかもしれません。
化学肥料を使っているからなのかもしれません。



ということで、今季は、あの感動を再び。を目標に考えました。

初稲作と何が違うのか。
気持ちが違うのは当然ですが、
無農薬無化学肥料栽培と化学肥料を使った栽培。

そのうち何が違うのか。
また無農薬無化学肥料栽培には戻れません。収量や手間から計算して販売価格が低いからです。
100ペソ/㎏で全量買っていただけるならできそうです。
まだそんなお客さんと出会っていないので、まだできません。

農薬と化学肥料。

農薬のうち、除草剤は初期にしか使ってません。雑草が大きくなったら効かなくなるし、それを殺す薬剤だと稲にも効果があるので。

殺菌剤は使いません。イネは強い子なので、とくに、アジアの気候は好きなようです。

殺虫剤は、使っています。使わないと、収量が減ってしまうということもあるし、おコメに茶色いコメ粒が混じってしまうので。
それでも、できるだけ使わないようにしています。安全ということもあるのですが、農薬が高いのでできるだけ使わないようにしたいのです。

化学肥料は、今悩みの種でもあります。
どうやって減らすか。周囲の農家も使う量が増えている気がしています。
それでも収量が増えているので、経済的には合っているかとは思いますが、このままでは私はなんとなく気に入りません。

かといって全量有機肥料だと超高級米になってしまいます。

有機肥料の何が良いのか。
有機物と微量要素、肥効が長持ちだと考えています。

肥効が長持ちというのは、追肥で追っていく慣行農法プラス特殊な微生物資材で対処している気がしています。

有機物は前々作の稲わらや前作の緑豆がすきこまれているのでいるのであるはずです。
そもそも有機物の何がイネの栄養にとって良いのか。そのままイネが吸収することはありません。
微生物が有機物を分解してその分解された何かをイネが吸収しています。
人間の目から見ていつも有機物が分解されてなくなっているので微生物がいないということはありません。
有機肥料に何か特殊な微生物が入っているのかもしれません。
その、特殊な微生物、もしくは彼らが生成する産物がおコメの食味に関与しているのかもしれません。

有機肥料にはきっといろいろな微量要素が含まれています。他人様の土地で生産された植物やそれを食している動物から出てきたものを混ぜていますし、さらに発酵という微生物様の力を借りて生産されたものです。きっといろいろな成分が含まれています。
この微量要素も絶対に食味に関与しているはずです。



微生物とその産物。微量要素がおコメの品質に関与しているのかもしれません。
そのうち何なのかは科学は研究しているはずですが、自然を相手にしている農業では、分析するよりも自然が何とかうまくやってくれると考えてしまいます。どの微生物、どんな生成物、どの微量要素が必要なのか、それに集中して施与するよりも大雑把でもいろいろ網羅して施与する方が効果が出ることが多々あります。大まかに言うと自然が何とかしてくれる。のです。それでも収量を上げたり、おいしくしたりするのは人間が植物が思うように生長するように環境を整える手助けをしなければなりません。



ということで、今季は微生物とその産物、微量要素。をキーワードに栽培します。

どうなるかは食べてみてのお楽しみ。私の農業は食べるところまでが農業です。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

お餅を食べたいが為にモチ米栽培しています。

以前、フィリピン人から譲り受けたモチ米の種子。
名前も知らない品種です。
今作で4代目かな。毎年栽培しています。
儲かるからというわけではありません。
このモチ米、モミが非常に大きいのです。おコメにしても大きく丸い品種なのです。
さらに、お餅を作れる素晴らしいおコメです。
自分がお餅をフィリピンで食べたいが為に栽培しているのです。

今作は1ha。同じ時期に田植えをした普通のおコメより3週間くらい遅い10月下旬の収穫になりそうです。
収穫後、試食のための餅つきをして、12月に鏡餅など作る予定です。

1ha分、全部お餅にして販売したいのは山々ですが、どこにそんなマーケットがあるのやら…。