Skip to main content

中国の発展度は思った以上でした。




機会があって、中国に行かせてもらったのですが、中国の発展具合に驚きました。
フィリピンに住んでいるのですが、基本的には日本人なのでそんじょそこらの発展具合ならば日本と比較します。
それでも、中国はやはり活気があって経済発展している先進国だなと感じました。

そもそも、もう中国は途上国ではないのです。改めて感じさせられました。

その中で一つ日本にはないものを見つけました。

QRコードでのお金のやり取りです。

中国ではWeChatというLINEのようなアプリをほとんどだれもが使用しています。
チャットや音声通話、ビデオ通話、音声チャット(留守電みたいに音声を送って受信者がそれを聞く)ができます。

WeChatの機能の一つに送金機能があります。

例えば、お店に行くと入口にQRコードが貼られています。そこのお店で物を買ったときにそのQRコードを認識させると送金相手にどれだけ送金するか入力する画面になり、それで送金手続きを済ませると、自分のWeChatにリンクしている銀行口座から相手の銀行口座に送金される仕組みです。
それで、物を購入したことになって買って帰るわけです。

たぶん、WeChatと銀行口座がリンクされていれば誰でもその機能が使えるのだと思います。

驚いたのは商店街の小さなパン屋さんにまでその仕組みが普及しているところです。

日本での現金以外の支払いはクレジットカードやICOCA、お財布携帯などありますが、大きなお店やコンビニに限られていると思います。小さなパン屋さんはやはり現金での支払いかと思います。

そこに、中国すげぇ。と感じる部分がありました。

いろいろ聞くと、支払いだけでなく、知人へのお金の送金なんかもできるようです。



これは面白い機能だと思いました。



フィリピンにもこういった機能が普及するのか考えてみました。

まず、フィリピンの携帯電話保有者のほとんどはプリペイド式です。
お金が入っている分だけ使えます。
その入れたお金で送金機能、できるかもしれません。
すでに、PASALOADというチャージしたお金を相手に送る機能はあります。
それの発展版ですね。



そもそもキャッシュレスが良い部分もあり、悪い部分もあり、何とも言えませんが、なんとなくかっこいいなと思っています。

日本でもピッとやって改札口をスッと抜けるのを見るとなんだか先進国だなと思います。



商売をやっているとお金の管理が楽になって良いのかもしれません。
でも、現物がないと不安だったり、何かあったときのリスクは大きいはずです。
キャッシュレスというのは、コンピューターネットワーク上のただの数字なので…。



私はキャッシュレス以前の現金以前の社会、おコメで支払いもやっています。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

To overcome Junk Food Addiction

Junk food has addictive like drug.Because of the high calorie and salty taste.We have desire to have junk food.To overcome against the desire,,,Top 10: Junk Food SubstitutesThere are many healthy food instead of junk food.We should try to convert to these foods.There are many delicious food without junk food.If the food is from nature, of course really delicious and healthy.Even if you feel not so delicious eating natural foods, your sense is already addicted by junk food, and article chemicals…Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal [FAST FOOD NATION]