Skip to main content

Posts

Showing posts from June, 2008

Wedding in Philippines

この間、結婚式にお邪魔した。大学の体育館を借りてよっけ人がやってきた。
その内、関係者は何人か考えながら、結婚式を見てた。


なんだかお祝いの言葉を関係者が話してる時に、呼ばれた。
なんかしゃべれ。と・・・
初めてがフィリピン・・・

それも何とか終わって。
そしたら、今度は踊れ。と・・・
民族の踊り。Igrot Dance.




何もかもが新鮮な1日でした。初めてのことがいっぱい。日本でもしたことないこと。

布教活動‐其の五‐

今日和。

とうとう家庭用木酢抽出機ができました。

アイディアはあるフィリピン人。木酢を取る機械の説明をしていた時に。
「台所での煙も木酢になりますか?」

横森さんに新しいアイディアができました。

家庭用木酢抽出機。

早速、工場で作ってもらい、パイロット農家の一人であるウエストモアさんちへ持って行きました。

そして、稼動セレモニー。小さいけれど。



台所の薪用コンロに抽出機の台をつけ、稼動。



上手く木酢をとることができました。
オーブン内が高温のためタール分が多い黒っぽい木酢でしたが、沈殿、ろ過で何とかなりそうです。



ここの地域は農家の持っている面積が少ないため、そしてまだ煮炊きに薪を使っているためこの家庭用木酢抽出機はもしかしたら普及するかもしれません。



ご満悦 :D

布教活動‐其の四‐

今日和。

今回は、野菜の範囲を超えました。畜産です。炭・木酢の畜産利用のセミナーです。
農業省の人にコーディネイトしていただいて開催することができました。スタッフの中で畜産の専門家がいないのに。

参加者はコーディレラの州から獣医さん、農政課の人たち、女性の部の人たち、たくさんの人たちがはるばるやってきてくれました。そして、Region1,と4bほかの地域からもやってきてくれました。



プロジェクトの概要、木酢の話、農業への利用、そして、畜産への利用。炭・木酢は日本では、最先端技術で農畜水産で様々な利用法があるという話をしました。そして、日本の大学での畜産利用の論文の紹介をしました。



日本でも、畜産の世界が炭と木酢の効果が速く結果が出やすくわかりやすいようです。
これがきっかけで、フィリピンに炭と木酢が流行るかもしれません。もし、どこか、農業省か企業か関心を持てば。

女性の部の人たちは肌につけたりして保湿などの効果に興味を持っていました。

ある地域では、昔、日本兵が竹酢を作って傷の手当てなどに使って効果があったことが伝わっているそうです。現地の言葉でAmuat。今、誰か作っている人がいるか、わからないけれど。



そして、木酢生産のデモプラントにも行きました。

布教活動‐其の三‐

今日和。

ロンロンのコンポストを週2回で温度を測定し、切り返しの実演を行なってきました。



この日の堆肥の温度は52℃。切り返しには少し温度が足りないけれど良い温度でした。
木酢を使った方は52℃、使わなかった方は42℃。
10℃も差が出ました。
木酢を使った方が発酵の速度が上がるということです。



この日も、堆肥の興味のある人たち20人近く集まりました。



今回は3度目の切り返し。
色も黒くなってきて腐った時のいやなにおいでなく発酵した甘酸っぱいにおいがありました。



切り返し中、中には放線菌。白いカビの一種。が、確認できました。

これがあると良い堆肥の証拠。

あともう1回くらい切り返しをすると、半熟ながら堆肥を畑にまける状態になります。
半熟の方が、発酵の進行中ということでいろんな種類の微生物が生きていて完熟よりも良いようです。



この子は堆肥作りの助っ人。堆肥にやってくるハエの子ども、ウジを食べてくれる良い子です。

布教活動‐其の二‐

今日和。先週に引き続き、今週はLa Trinidadの外、Atokで、炭と木酢の研修がありました。
AtokはLa Trinidadよりも北でもっと山奥です。



ここの一つのBarangayでセミナーを行ないました。
参加者は40人近く。

初めに、木酢とは何か。説明から始めました。英語で言うとWood Vinegar。みんな食卓に上る酢と同じようなものを想像してしまいます。
木酢の野菜に対しての使い方。を話しました。




畑では、コンポストの作り方の研修を行ないました。




木酢に限らず、地域にあるもの、雑草なり、モミガラなり、様々な有機物を使って土作り、病虫害に強い高品質の野菜作り、そして、野菜つくりに限らず花に対しても土が一番重要であることを話してきました。

言うが安し、行なうが難し。
土作りには時間と根気が必要です。

根こぶ

朝なんだかハクサイがしおれてたから、台風の後で根が弱ってるんかなと思い、ほっといたやつがあまりにしおれてるので抜いてみたら根こぶ・・・

20℃から25℃で湿ってるところ。しかも地力のないところで多発するらしい・・・

全部当てはまる・・・。

荒れてた土地を草刈って、1年に何回か作ったところ。ここ、気候が良すぎて1年に何回も作れるねんもん。

あぁ、根こぶ・・・

センチュウのときもカビの時もあるらしい。どっちにしても根こぶ・・・

どうしようもないらしい。アブラナ科についてレタスとかはつかんらしい。

Gefährig

乗りすぎ・・・
しかもこの道、山道なのに・・・

Das Jeepny hat zu viele Leute...
Gefährig...

Besides, This way is on Mountain... there are a lot of steep slope and sharp curb...

布教活動‐其の一-

今日和。

こちらは今雨季です。けれども、5月末から5日くらい晴れが続き、爽やかな日和・・・を通り過ぎて暑かったです。その代わり洗濯物が良く乾きました。

そんな中、6月3日にLa Trinidadの1部落でコンポスト作りのトレーニングを開きました。
地元にある資材を使って、できる限りお金を使わず、でも、炭と木酢は使います。いろいろな資材を用いたコンポスト作りを行ないました。
集まってきた人たちは約40人。


資材は、そこらにある草。マッシュルームの培地になったもの(マッシュルームコンポスト)、鶏糞、La Trinidad特製野菜くずコンポスト、それともみがらくん炭と木酢。

まず、草を切りました。フィリピンでは、昔から大きいナタを使って草を切っていたようです。今は、シュレッダー、機械を好みます。楽なので。

けれども、今回使用したのは、こちら。日本の伝統技術、押し切り。

押し切りの写真を持って鍛冶屋へ行き刃を作ってもらい、金属加工の工場へ行きほかの部分を作ってもらいました。

使いやすく、ナタの時よりも早く仕事ができるのでみんな欲しいと言っていました。
試作品をいくつか作ろうか考えています。新しいビジネス :P




で、Technical Chief Adviserの指導の下、細かくした草を敷き、鶏糞、マッシュルームコンポスト、コンポスト、くん炭、サンドイッチのように積み重ね、そして、木酢をかけ、また積み重ね・・・

1.3mくらいのものを作りました。

それとは別に比較で、木酢をかけないコンポストも作りました。



完成。


その後、温度を測定し、3日後に、もう一度トレーニングを開きました。
切り返しのためです。



この日も、20人くらいは集まりました。

切り返し。

堆肥の温度は両方とも45℃前後・・・。
実は、木酢を使うことで、散布した周辺の微生物は死んでしまい温度が上がらないのです。

けれど、集まってきてくれたし、水分を減らして中に空気を入れるためにも切り返しを行ないました。


さらに、3日後・・・

木酢の入った堆肥は55℃。入れなかったのは45℃。違いがでてきました。
堆肥の中の微生物が増殖し、活発になってきました。

みんな木酢がなんだか不思議なものだと実感したようです。

Inflation

The Prise of Diesel is becoming higher... Last year April, when i came here in Philippines, it was only 28 or 29 pesos. but now... 47.11 pesos... i heard the same situation in Japan also. it will be exceeded 170 yen...

So this Problem is in world. someone will be richer :)

and also Chemical Fertilizer also increase the Prise. before, last year Jun July, it was only around 600 pesos per sack(50kgs), but now... more than 1800 pesos... too expensive.

Also rice. here, in Philippines, they eat a lot of rice. everyday, every meal. someone told me, Junge Leute, they eat 25kgs rice in a month... divide 30... less than 1 kgs. divide 3... around 300kgs in a meal.

but now, rice is also higher prise, from 30 pesos/kg to 35pesos/kg. so they need to pay 125 pesos more in a month.

their salary is 4000 to 15000 pesos. officer may get around 10000 pesos. anyway it's not so cheap the 125 pesos.

However, my friend said me, there are a lot of rice in Provinces... they hide for Prise control...

and Japan wil…