Skip to main content

人生いろいろ

最近に人の生と死について何回か話題になったので思うところを残す。

私の祖父は脳こうそくになったが一命をとりとめ、寝たきりになって数年後に
逝った。

寝たきりの時の祖父の目が頭に残る。
元気がなく、うつろなのである。
それでも意識がはっきりしているときは目が生き返る。

昨年、赤ちゃんが生まれた。
生まれたては赤ちゃんも意識がある時とない時がある。
それがだんだん生長して意識が芽生えてくるが、それまでは目がうつろな時がある。

まるで寝たきりの祖父の意識がうつろな状態の目と似ていた。



人生で60歳の時に還暦を迎える。
干支の十二支12年と十干10年とがちょうど最小公倍数で60になるからだ。

まるで、赤ちゃんが生長して、ある時下山が始まり、老いるとともに子どもに
還っていくように思う。
脳は25歳を境に衰えていくらしい。
仕事だと40台が脂がのってくる一番働ける時期だと聞いたこともある。

どっちにしても山みたいなものでどんどん力強く登っていく時期とゆっくり下っ
ていく時期があるようだ。



私の祖父は一命をとりとめて寝たきりだが数年生きた。
私のお世話になったある人は心筋梗塞で突然亡くなった。

人生の終わり方はいろいろある。
私の祖父は寝たきりで生きたことによって私の親を含めた子たちがまとまるよう
になった。
祖父があの時逝かなかったのはまだ役目があったからなのかもしれない。
理由は後からついてくることが多いが、それで納得できれば良いと思う。

それでも、思うことは寝たきりで生きるよりポックリ逝く方が良いのではないか
ということである。
残された方の考え方ひとつだが、残された方の苦労を考えると私はポックリ逝き
たい。でもまだ死ねない。



日本の社会福祉の破たんや経済成長鈍化の理由の一つに医療の発展があると思う。
長生きできる。
フィリピンでは全くの逆なのである。
医療が高価なので受けられない人たちがたくさんいる。特に命にかかわる医療は
高額だ。
だから、血管が詰まっても生き延びられる人は梗塞の重度によっても違うが日本
より少ない。
日本よりポックリ逝く度が高いのである。
逆に日本は死ねなくてポックリ寺があるという。

日本人は健康に気を使って食生活を考える。
フィリピンは全く逆で脂と炭水化物、塩を食べたい分だけ摂る。
ポックリ逝きやすい状況を作っているのだ。

その代わり、子どもはたくさんいる。
たくさんの子どもがどんどん生長して働いて、日本より寿命が少ない老人たちは
ポックリ逝く。

日本では子どもが少なく、老人が多い、しかも老人を働かせている。若い人たち
には仕事がないという。

どちらが良いのか。

私はモノの流れのことを便通によく例える。
たくさん食べても便通が良ければ溜まることもなくエネルギーがどんどん出てくる。
少ししか食べていなくても便秘なら内臓が重たくなる。
経済もいっしょである。お金が流れてお金に意味が出てくるのである。タンス貯
金は安心と不安しか生まない。



先日亡くなった知り合いは、私の両親より若い。
私もそろそろ両親の死を覚悟して準備しなければいけない年になった。
そう言えば、子どももでき、親と同じ道を歩んでいる。
私が小学生のころ、片方の祖父は痴ほうが出てきた。
その数年後、祖母が逝き、さらに数年後、祖父が逝った。
そして、もう片方の祖母が逝って祖父も逝った。
私の両親が40代後半から60代までの期間の出来事だ。
私もその年に近づいてきている。
どれだけ両親との時間を作られるか。
今は、義理の両親もいる。



ある人が言った。

親孝行は子が生まれた時に完了している。と。

なかなかそうである。
もしかしたら今が最高に幸せな時かもしれない。
子どもが無邪気に笑い、成長する。

ドイツ語で結婚のことをHochzeitと言う。
Hoch高いという意味とZeit時間、時、という単語が合わさってできている。
結婚が人生の最高の時だということらしい。

なかなかドイツ人も面白い。



憎まれっ子世に憚る。ということわざがある。
憎まれる人はなかなか死なないらしい。死ねないらしい。
この世ですべきことをこなしていないからなのかもしれない。

この世で悪いことしていると地獄に落ちると言うが、憎まれっ子がなかなか死ね
ないのはもしかしたらこの世は地獄なのかもしれない。

それでも、地獄に仏でこの世には素晴らしいことはたくさんある。

先日、キリスト教の勧誘にあった。
人間は生まれた時から罪人でそれを神さまに謝って良いことをして償っていかな
ければならないのだという。そのために、自分の中に神さまを受け入れ なさ
い。と。

違和感があった。
あんな無邪気に笑う赤ちゃんがすでに罪人であることは考えられない。
どんな悪人でもあんな赤ちゃんの時があったはずだ。
ということはこの世が罪を作る人たちを生み出しているのではないかと思う。



ちょっと立ち止まって、思っていたことを吐き出した。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

フィリピンは世界一のコメ輸入国らしい

フィリピンが世界一の米輸入国って本当?より。世界の米(生産量、消費量、輸出量、輸入量、価格の推移)からフィリピン部分を抜粋。2011年には1,080万トン生産しています。2011年、1,335万トン消費しています。142万トンの在庫があります。輸出は0もしくは少量です。2011年、220万トン輸入しています。ちなみに日本は同じ年(2011年)に生産量:768万トン消費量:825万トン在庫量:277万トン輸出量:15万トン輸入量:70万トン…フィリピンは世界で一番大量にコメを輸入していました。輸入元は同じ東南アジアの国々でしょう。ちなみに人口は日本:2011年に1億2779万9千人フィリピン:2010年で約9,400万人(推定)日本人は約65kg/年コメを食べていますが、フィリピン人は、142kg/年食べています。計算上。日本人の2倍以上。よく食べています。1年に2回3回はイネを収穫できるので、やはり消費量が多すぎるのでしょう。フィリピン米は日本米のように腹持ちはよくありません。そんなこんなで、フィリピン人はめちゃくちゃご飯を食べます。たくさん食べてたくさん仕事をしています。エネルギッシュですね。…その一方で、富裕層が増えておいしいものを食べたい人たちも増えています。安く大量に生産することとおいしいものを手をかけて生産すること。両方フィリピンには必要そうです。…両方ともにお手伝いしたいです。