Skip to main content

企業と国家

運営の仕方が似ていると思いました。

国家。

国民から税金を徴収してそれを財源に公共事業、社会福祉に使ったり、政治家の給料になる。大雑把に言えば。

企業。

社員が働いてその収入を持って社員の給料や拡大のための投資など行い、役員、株主に報酬を支払う。大雑把に言えば。



そんな認識だといっしょなのだと思いました。

そこから想像すること。



ブラック企業 wikipedia

新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。



いろいろ説明があります。
その中での特徴の部分。

特徴

経営者・上層部に起因する問題
 責任感の欠如
 末端従業員の犠牲と大量消費を前提とした経営
 周辺人物や交友関係が原因の労働環境の悪化
 会社の宗教化
組織の欠陥
 組織の硬直化
 問題行為の横行、上層部の自己保身が容易
 従業員への過重な負担
 従業員の対抗への封じ込め
給与・待遇の問題
 激務で長時間労働・過重な責任
 人事考課制度や給与システムの恣意的な運用
 薄給の上に経費が自腹。
 ノルマ未達成の苛烈なペナルティ
 心身の健康を害するほどの身体的・精神的ストレス
 スキルアップとキャリアアップは皆無
 資格取得のノルマ化
 忌引制度の有名無実化
退職
 常識的な円満退職は期待できない

特に上層部に起因する問題の中で、今の日本に当てはまる部分があると思うのです。

とすると、今の日本はブラック国家と言われる可能性もあります。

ブラック企業の場合、離職すると逃れられます。
ブラック国家の場合、移住すると逃れられます。
その組織の中でダメだと思ったら離れることも1つの対策だと思います。



大きな企業だと、役員報酬が大きいんですね。生産ではない目に見えない大きな仕事をしていて、それの報酬を得ているのですね。そうじゃなきゃ、多くの社員が働いた収入を仕事もせずに奪っていると言われちゃいます。

立派な企業ですと福利厚生がしっかりしています。
きっと国家でも同じです。
立派な国家はしっかりした福利厚生があるはずです。



そんなこと言っても良くならないのですが。
どうすれば良くできるのか。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

お餅を食べたいが為にモチ米栽培しています。

以前、フィリピン人から譲り受けたモチ米の種子。
名前も知らない品種です。
今作で4代目かな。毎年栽培しています。
儲かるからというわけではありません。
このモチ米、モミが非常に大きいのです。おコメにしても大きく丸い品種なのです。
さらに、お餅を作れる素晴らしいおコメです。
自分がお餅をフィリピンで食べたいが為に栽培しているのです。

今作は1ha。同じ時期に田植えをした普通のおコメより3週間くらい遅い10月下旬の収穫になりそうです。
収穫後、試食のための餅つきをして、12月に鏡餅など作る予定です。

1ha分、全部お餅にして販売したいのは山々ですが、どこにそんなマーケットがあるのやら…。