Skip to main content

Maslow's hierarchy of needs

マズローの欲求段階について機会があったので考えてみた。

この図を見ると、いろいろ勉強になる。

長い間、フィリピンの農業と関わってきているが、日本人が支援してもなかなか思ったように発展しない。

一つに生産技術、一つに付加価値がマーケット側にあるのかどうか。
というか、生産から消費者までの農業生産物に対する水準が日本に比べて圧倒的に低い。

消費者側からいうと、
野菜を食べない。米や肉がほとんどの食卓に並んでいる。熱帯なので果物も比較的多い。
野菜は食べても形があれば良いというものが多い。結局、油や濃い味付けで野菜の味がなくても良いわけである。さらに濃い味というのはご飯をたくさん食べられて胃を安く手っ取り早く満たせられる。
野菜は重量当たり肉より安いわけであるが、食べるときにおかず単位重量当たりどれだけご飯を食べられるかを比較した場合、肉の方が安いのかもしれない。野菜、特に葉物はほとんど水なのである。

という消費側の傾向があるため、生産側もおいしい野菜はまず考えない。形があれば良いわけである。
新しい野菜の導入などもってのほかである。
付加価値がつきにくいため、なかなか特殊な生産に踏み込めない。コストだけかかるからである。
特殊野菜のマーケットは小さい。有機農法などどれだけマーケットが少ないか。だからほとんどの場合、頑張って有機農法で生産した野菜でも手間をかけたほど高く売れるわけではない。今は手間が安いので良いのかもしれないが。



フィリピンの食の産業は、マズローの言う生理的欲求の水準なのである。
次の、安全欲求となるとどうなるのか。
健康のために野菜を食べる。安全な野菜を食べる。ちょっとおいしいものを食べる。
そして、社会的欲求になると、
外食やデザートのケーキとかになるのだろうか。
尊厳欲求になると、
ブランドがついた商品になるだろう。
自己実現欲求となると、どうなるのだろうか。
新しい食の創造、新しい、珍しい野菜を求めるのかもしれない。

そう考えるとフィリピンの食の産業はどうなのだろうか。
もちろん、下から上まで全部ある。
日本に比べて貧富の差が激しいからだ。
ただ、割合が全く違う。それがマーケットだ。

フィリピンはどうなのだろうか。
確かに中流層が増えてきているらしい。
だから、おいしい野菜、安全な野菜、珍しい野菜を求める層が増えてきているという感じがする。

そうすると、中間業者、生産者側もマズローのピラミッドを登っていかなくてはならない。
安全で新鮮な野菜。



消費者はピラミッドの上の方にあるが、生産者の思考は下の方。それをどうすれば生産者が上に登っていけるのか。

このピラミッドは飛び級できないらしい。
一つ一つ登っていかなくてはならない。

ということは、生産者が
1.生きていくための衣、食、住が整っていなければならない。
2.それが、安定して得られるという安心と安全がなければならない。
そこで、そこから質を上げるための余裕が出てくるわけである。

そこまでの生活の余裕があったうえで技術を習得する環境がなければならない。



なかなかそこへ進まない。
毎日仕事して給料もらっているのに次へ進まないのはなぜなのか。

1.本当は安心していない。
2.良くしようとする欲求がない。
3.わからない。

くらいしか思いつかない。
そうすると
何故安心できないのか。安心できるかどうか判断できないのかもしれない。
上級な欲求も教育から来るものなのか。

我が農場には未だわからないことが多すぎる。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

お餅を食べたいが為にモチ米栽培しています。

以前、フィリピン人から譲り受けたモチ米の種子。
名前も知らない品種です。
今作で4代目かな。毎年栽培しています。
儲かるからというわけではありません。
このモチ米、モミが非常に大きいのです。おコメにしても大きく丸い品種なのです。
さらに、お餅を作れる素晴らしいおコメです。
自分がお餅をフィリピンで食べたいが為に栽培しているのです。

今作は1ha。同じ時期に田植えをした普通のおコメより3週間くらい遅い10月下旬の収穫になりそうです。
収穫後、試食のための餅つきをして、12月に鏡餅など作る予定です。

1ha分、全部お餅にして販売したいのは山々ですが、どこにそんなマーケットがあるのやら…。