Skip to main content

ウイルスと植物

農業をしているといろいろな病虫害に悩まされる。
その中でもウイルス病には頭を抱えている。
基本的には治療できないし、防除もできない。植物をウイルス病から守るにはそれを媒介する虫などを防除するしかないのである。

不思議でいっぱいになった。

例えばトマトやピーマンが罹るモザイク病。一言にモザイク病といってもいろいろな種類のモザイクウイルスがいる。

植物体が罹ってしまうと植物体が変形してしまう。



きっと、トマトとモザイクウイルスの戦いは昔からあったはずである。
でなければ、元気なトマトとトマトの葉っぱを変形させるウイルスが両方存在しないと思う。

そもそも植物の免疫機能がどうなっているのか。

人間ならマクロファージが病原体を食べたり、免疫機能がある。しかも、生きている間にいろんな病原体に対抗するための免疫機能がついてくる。だから予防接種がある。

植物はどうなんだろうか。

まず、体の中に入れない。細胞壁で身を守っている。
それと、病原体を寄せ付けないようにしているらしい。忌避物質やホルモン。

あと、病原体に感染した細胞が自死する。それが私たちが見る病虫害の症状である。



基本的にはそんなことらしいのだけれど、実際はどうなのか。
耐病性品種がいっぱいある。ということは遺伝的にこの病気には強い。というのがある。
それは多様な植物体、同じ品種でも個体差がその耐病性などになって、それを交配させて耐病性を受け継がせているのだろう。

そうすると、特定のウイルスに対して抵抗性を持っているものが残る。そうするとウイルスも繁殖できないから頑張る。

という流れなのだろう。

自然界はそれでお互い頑張って生きているけれど、農業生産の場ではそんなことできない。
単一品種でやっているからウイルスが来ちゃうとお手上げになってしまう。

どうしたら良いのですか…。

感染しても治ってくれるとまだ何とかできるのだけれど、どうしようもないとなってしまうと、本当にどうしようもない。

人間みたいに何か頑張って免疫機能が強くなって未知の病原体でもある程度戦えるような仕組みにしてほしい。



一番現実的なのは種子の自家採取なのだろう。頑張った個体を次世代に引き継ぐ。
ということなのだろうか。

Comments

Popular posts from this blog

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

熱帯での日本米生産が難しい訳

過去に何度か縁があって日本米の生産をトライしたことがあります。

なかなか思ったようにはいかないのが実際です。

田植え後、2週間もすると出穂が始まる株があります。
分げつが非常に少ない。
大きくならない。

結果、単位面積当たりの収量が非常に少なくなり、利益が出ず、続けられなくなってしまいました。

原因として、

出穂までの積算温度。
出穂に関係する日長。

が大きな要因となっています。



積算温度が関係するならば、暑くないときに作付する。
というか、この地域ではしない。
日長が問題ならばどうしようもありません。蛍光灯をつければ良いのですが、それだけの投資に見合う商売では決してありません。



ここからもしこの地域で栽培するならばどうすれば良いのか。

穂ができるまでに大きくさせる方法を考えなくてはなりません。
肥料なのか水なのか。
もしくは、品種の選定が必要でしょう。
日本以外の国で栽培されている日本米は面白いと思います。



困難な場所でそこまでして日本米を生産する意味はないのかもしれません。やはり適地適作ですが、ちょっとした遊びで続けて思ったように生産してみたいものです。

フィリピンは世界一のコメ輸入国らしい

フィリピンが世界一の米輸入国って本当?より。世界の米(生産量、消費量、輸出量、輸入量、価格の推移)からフィリピン部分を抜粋。2011年には1,080万トン生産しています。2011年、1,335万トン消費しています。142万トンの在庫があります。輸出は0もしくは少量です。2011年、220万トン輸入しています。ちなみに日本は同じ年(2011年)に生産量:768万トン消費量:825万トン在庫量:277万トン輸出量:15万トン輸入量:70万トン…フィリピンは世界で一番大量にコメを輸入していました。輸入元は同じ東南アジアの国々でしょう。ちなみに人口は日本:2011年に1億2779万9千人フィリピン:2010年で約9,400万人(推定)日本人は約65kg/年コメを食べていますが、フィリピン人は、142kg/年食べています。計算上。日本人の2倍以上。よく食べています。1年に2回3回はイネを収穫できるので、やはり消費量が多すぎるのでしょう。フィリピン米は日本米のように腹持ちはよくありません。そんなこんなで、フィリピン人はめちゃくちゃご飯を食べます。たくさん食べてたくさん仕事をしています。エネルギッシュですね。…その一方で、富裕層が増えておいしいものを食べたい人たちも増えています。安く大量に生産することとおいしいものを手をかけて生産すること。両方フィリピンには必要そうです。…両方ともにお手伝いしたいです。